好きな人から避けられているかもと感じることがありませんか?

 

今までは楽しく会話をしていたのに急に冷たくなって避けられるようになったら不安になってしまいますよね。

 

好きな男性が冷たくなったのであれば、職場の好きな人が急に冷たくなったのには理由ある!男性心理を徹底解剖を参考にしてみてください。

 

好きな人が自分を避ける理由が分かれば、不安な気持ちもなくなると思います。

 

そこで、今回は好きな人が避ける理由やそのときの対処法について解説していきます。

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

好きな人から避けられるパターンとは?

 

好きな人から避けられるパターンについて解説していきます。

 

避けられる理由は色々あるので、どうして避けられているのかを知ることで好きな人との接し方もわかってきます。

好き避けしている

好きだからこそ避けてしまうということがあります。

 

というのも、好きな人が目の前にいたらドキドキしてしまい、好意がバレないようにと冷たい態度になってしまうからです。

 

「わたしに興味がありそうなのに・・・」と思うのに避けられるのは、男性が好き避けしている可能性が高いといえます。

 

そこで、好き避けしている男性の特徴について、職場で好き避けしてしまう男性の特徴は?急に冷たくなったのは好き避けが原因!に詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

嫌い避けている

好き避けではなく嫌い避けというのがありますが、避けられていると嫌われていると捉えるのが一般的ではないでしょうか?

 

急に避けられたら嫌われたのかもと感じることがあると思いますが、どうして嫌い避けされてしまったのか原因について解説します。

プライベートを詮索されて不愉快だったから

プライベートのことはあまり話したくないと思っている男性もいます。

 

そのようなときに色々と質問され詮索されたことで不愉快に感じたのではないでしょうか?

 

つまり、パーソナルスペースに入り込みすぎたということです。これ以上、色々聞かれたくない、質問されたくないという思いから関わらないようにしようと決めたと考えられます。

 

誰にでもこれ以上踏み込まれたくないという距離感があると思いますが、その中に踏み込みすぎて嫌い避けされてしまったということです。

これ以上関わりたくないと思ったから

男性が傷つくことを言ってしまったり、嫌な思いをさせて避けられているということです。

 

大人なので表面的には笑顔で対応したとしても心の中では嫌な気持ちになってしまったのではないでしょうか。

 

また傷つけられたら嫌だなという思いから、避けることにしたというわけです。

 

何かひどいことを言ってないか、相手の表情が曇るような瞬間がなかったか、思い出してみると良いと思います。

ごめん避けしている

ごめん避けという言葉は聞きなれないかもしれませんが、好意に答えられないということを意味します。

 

というのも、他に好きな人がいたり、タイプではないから関わらないようにしようとしているわけです。

好意に答えられない

女性が自分のことを好きだと気付いたけれど、その想いに答えられないので避けているということです。

 

というのも、思わせぶりなことをして相手を傷つけたくないと思っているからです。

 

告白されればお断りすることができますが、告白をされていない状態で女性に期待させないようにするには避けるしかないということです。

 

参考までに、好きな人が自分にだけ冷たい理由とは?男性心理と今後の戦略を徹底解剖を参考にしてみてください。

他に好きな人がいる

他に好きな人がいるからごめん避けしているということです。

 

というのも、思わせぶりな行動は相手を勘違いさせてしまいますし、自分が好きな人との恋も叶わなくなってしまうからです。

 

自分に好意のある女性に優しくしながら、別の女性にアプローチすることはできないですよね。

 

そのようなことをしたら、どちらにも嫌われてしまいますし、失礼になってしまいます。

 

ですので、ごめん避けして、思わせぶりな行動はとらないようにしているということです。

好きな人に避けられたときの対処法

 

好きな人に避けられたときの対処法について解説していきます。

どのパターンなのか判断する

好きな人に避けられている理由について考えてみましょう。

 

好き避け?嫌い避け?ごめん避け?どのパターンに当てはまるのかによって、どのように関わるのかが変わってきます。

 

というのも、嫌い避けされているのに好き避けと勘違いしてアプローチしたらますます嫌われてしまうだけだからです。

 

どのパターンに当てはまるのかを考えることで、好きな人との接し方を見極めましょう。

 

好き避けであればアプローチしても良いですが、嫌い避けやごめん避けであれば、これ以上深く関わるのはやめた方がいいということです。

自分でわからないときは相談する

自分で好きな人との関係性がわからないときは、誰かに相談してアドバイスをもらうことがいいでしょう。

 

というのも、他人から客観的に状況を判断してもらうことで、男性がどう思っているのかわかるようになるからです。

 

恋愛をしているとどうしてもプラスに解釈したくなりますし、見たくない部分は見ないようにしてしまうところがあります。

 

ですので、第三者からの意見を聞くことで、好きな人が自分のことをどう思っているのかがわかるようになります。

 

友達ではなく占ってもらうことでより詳しく好きな人の気持ちを知ることができたり、これからの接し方についてアドバイスをもらえたりします。

 

自宅から好きなときに気軽に占ってもらえる電話占いヴェルニを利用してみてはいかがでしょうか。

 

恋愛に特化した占い師さんもたくさんいるので、おすすめですよ。

 

参考までに私の体験談、好きな人の気持ちが分からず行動できないときに試して欲しいこと!を読んでみてください。

とりあえず、距離を置いてみる

なぜ避けられているのかわからないのであれば、一旦距離を置いてみるということです。

 

というのも、距離をおくことで相手の反応を探ることができるからです。

 

好き避けであれば距離を置くことで急に優しくなることがありますし、そのまま避けられているのであれば嫌い避けだと判断することができます。

 

避けられている理由が全くわからない時に無理にアプローチなどせずに距離を置くことをおすすめします。

 

そして、何となく距離を置くよりも占ってもらいアドバイスをもらった方が恋が叶いやすくなると思います。

 

参考記事:男性が好きな女性にとる態度とは?無意識に出る男性からの脈ありサイン!

まとめ

 

好きな人に避けられるときのパターンについてお伝えしました。

 

もし嫌い避けされていると感じるのであれば、どの行動で相手を傷つけてしまったのか考えるようにするといいでしょう。

 

というのも、自分の行動を振り返ることで同じようなことを二度としないようにできるからです。

 

そして、傷つけてしまったと思うことがあるのであれば、好きな人に謝るといいと思います。

 

今はごめん避けでも後に好き避けに変わることもあるので、いつも明るくいることを心がけるといいでしょう。