D

デートした後に連絡の回数が減って不安です。今までは1日4~5通はしていたのにデート後は2日に1回のときもあって、、、これは嫌われましたよね。

このようなお悩みに回答していきます。

 

たしかに、デートした後に男性からの連絡が減ったり、返信内容も今までとは違うと嫌われたような気持ちになりますよね。

 

そして、脈なしならハッキリ伝えて欲しいと思うのではないでしょうか?

 

とはいえ、連絡の頻度が減ったからといって脈なしだとは限らないのです。

 

そこで、今回は、返信のペースが落ちても脈ありである可能性が高いメッセージついてまとめたので、最後まで読んでみてください。

 

LINEの返信が遅くて不安な方は、LINEのメッセージを返すのが早いのは脈ありだから?遅い人は脈なし?もあわせてチェックしてみてくださいね。

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

デート後に連絡が減る男性心理とは?

 

デート後に連絡の頻度が減る男性心理について解説していきます。

 

連絡の回数が減ったからといって男性があなたのことを嫌いになったというわけではないのです。

 

そこで、デートの後に連絡の回数が減る男性心理、理由についてお伝えしていきます。

会ってみたら興味がなくなった

デート後に連絡が減ってしまったのは、会ったことで興味がなくなってしまったということです。

 

というのも、デートをしてみたら思っていた人と違ったと感じてしまったからです。

 

職場の同僚にしても仕事をしているときと休日に会ったときでは雰囲気が違ったということでしょう。

 

マッチングアプリの場合は、写真のやり取りだけで直接会ったことがないのであれば、自分が考えていた女性とはどこか違ったということです。

 

会ってみたら「やっぱり違うかも」と思われてしまったということです。

デートがうまくいって安心している

デートがうまくいって安心しているので、連絡が減っているということ。

 

というのも、デートをするまでは興味を持ってもらうために頑張って連絡をしていたからです。

 

普段はLINEのやり取りをあまりしないような男性も女性とデートをするために一生懸命になることはあります。

 

デートがうまくいき次のデートの約束をしているのであれば、彼はあなたとの関係がうまくいくと確信しているのではないでしょうか。

 

楽しかったデートの後に連絡が減るのは、彼が普段通りの自分に戻ったということです。

実は結婚している(彼女持ち)

実は結婚していて連絡が減ったということが考えられます。

 

というのも、結婚していることを隠しながら連絡を取り合っていたので、家族にそのことがバレて連絡ができなくなっているからです。

 

こそこそ連絡を取っていた場合、急に音信不通になることが考えられます。

 

パートナーがいるのに他の女性とデートをしたことに後ろめたさを感じてしまったのかもしれません。

 

参考記事:彼女がいるのに「好き」だと言ったり、デートに誘う男性心理とは?

連絡が減っても脈ありの場合がある

 

デート後に男性からどのような言葉をかけられましたか?

 

たとえ、連絡の頻度が減ったとしても脈なしだとは限らないので、そのあたりを詳しくお伝えしていきます。

楽しかったと言われる

デート終わった後に楽しかったなどと感想を伝えてくれたのであれば、脈ありだと言えます。

 

というのも、脈なしの場合は、わざわざ「楽しかったね」とは連絡をしないからです。

 

脈なしなのに社交辞令を言って相手を期待させる意味がないですよね。

 

連絡が減ったとしても「楽しかった」「また行きたいね」などと言ってくれたのであれば、それは脈ありサインだといえます。

デート終わりに連絡が来る

デートが終わった後に連絡が来たかどうかは大切なポイントです。

 

というのも、デートが終わった後に連絡をするのは、次につなげたいという彼の気持ちだからです。

 

興味がなかったり、またデートをしたいと思わなければ、デート終わりに連絡をすることはありません。

 

またデートしたいと思うからこそ、連絡をして興味があることをアピールしているのです。

 

2回目のデートにつなげるための秘訣を2回目のデートに誘われない!次のデートにつながらない女性の特徴と解決策にまとめたので、読んでみてください。

連絡が減ったとしても返事は来る

連絡の回数が減ったとしても連絡が来るのであれば、脈なしではありません。

 

というのも、頻度が減っても連絡が来るということは、男性が自分のペースで連絡をしているだけだからです。

 

デートするまでは頻繁に連絡をしてアプローチを頑張っていた男性もデートをしたことによって回数を減らしてもいいと思ったということ。

 

連絡の回数が減ってしまったのは、興味がなくなったのではなく、むしろ興味を持っているということなのです。

 

あなたが連絡をしたときに返事をくれるのであれば、それは脈ありだと考えられます。

また会う約束をした

また会う約束をしているのであれば、ふたりの関係が良い感じに進んでいるということです。

 

というのも、脈なしであれば「また会おう」と約束は絶対にしないからです。

 

そもそもデートをしてつまらないなと思った相手に「また会おう」と言わないですよね?

 

連絡の頻度が減ったとしてもまた会う約束をしたのであれば、それは脈ありであり、あなたとの関係性を深めたいと思っている証拠です。

 

また会う約束をしたのであれば、自信をもっていいと思いますよ。

 

参考記事:初デートは別れ際で決まる!男性にもっと一緒にいたいと思わせる方法とは?

まとめ

 

デート後に連絡が減る男性心理と脈ありかどうかの見分け方についてお伝えしました。

 

デートをした後に連絡が減ると嫌われたのかなと思ってしまうことがありますが、全てがそういうわけではありません。

 

仕事が忙しくて連絡をマメに取るタイプでない男性がデートのために頑張っていたということもあります。

 

ですので、連絡が減ったとしても脈なしだということではないので、あなたはあなたのペースで連絡をとるようにするといいでしょう。

 

完全に無視されたのでなければ、脈なし確定ではないので安心してくださいね。

 

恋愛に関して質問したいことがあれば、お気軽にこちららメッセージくださいね。