好きな気持ちを好きな人に伝えたいと思いますよね。

 

ですが、実際に伝えようとすると緊張するし、どんな風に伝えれば良いのか悩んでしまいませんか?

 

両思いだとわかっていれば安心して告白できるかもしれませんが、相手の気持ちがわからないとどんな反応されるかわからないので、不安になったり、憂鬱になったりしてしまいます。

 

告白する前にある程度彼の気持ちを知っておきたい方は、彼の気持ちを占ってもらうのがおすすめです。

おすすめの占いサイトは、こちらからどうぞ。

 

彼の気持ちを事前に知っているだけで安心できますし、好きな気持ちを伝えたときの成功率も高くなります。

 

今回は、好きな気持ちを伝える方法や伝えるときに大事なことについて解説していきます。

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

好きな気持ちを自分から伝えた方がいい理由

 

好きな気持ちを自分から伝えた方がいい理由についてお伝えしていきます。

 

というのも、好きな人ができて告白するときに受け身では進展しないからです。

 

自分から気持ちを伝えることで、恋は発展していくんですね。

 

たくさんアプローチをして好きな男性があなたの気持ちに気付いたとします。

 

そのときに、彼からの告白を待つよりも自分から気持ちを伝えた方が絶対にうまくいきます。

 

なぜなら、男性は女性からアプローチをされて告白されることを待っているから。

 

中途半端にアプローチして告白がないと、「今までのはなんだったんだ?いい感じだと思っていたのに」と男性は思ってしまいます。

 

男性も女性から告白をされたら嬉しいので、ぜひ自分から好きを伝えて欲しいなと思います。

好きな気持ちを伝える方法とは?

 

好きな気持ちを伝える方法についていくつかお伝えします。

 

告白するのはものすごく緊張しますが、伝えた後は結構スッキリした気持ちになります。

 

今回ご紹介する方法の中から気持ちを伝える方法を選んでみてくださいね。

直接会って伝える

直接会ったときに伝えのは一番緊張しますが、一番気持ちが伝わりやすい方法です。

 

というのも、目の前にいる女性から好きと言われたらめちゃくちゃ嬉しいからです。

 

声のトーンや表情、雰囲気から好きな気持ちがものすごく伝わると思いませんか?

 

そして、気持ちを伝えたときの相手の気持ちが一番わかるのも直接伝える方法です。

 

確かに緊張してうまくいえないし、一発勝負なところはありますが、だからこそ一番気持ちが相手に届くということです。

 

参考までに、社内恋愛で片思いの男性に告白するタイミングとは?成功率を高める方法!を読んでみてください。

LINEで伝える

LINEで伝える方法も一つですね。

 

LINEだと文面を考えることができるので、気持ちを整理することができます。

 

というのも、どのように伝えると一番伝わるのか試行錯誤しながら文章を作ることができるからです。

 

変なニュアンスになっていないか、相手がどう受け取るのか、色々と考える時間を持つことができます。

 

しかし、デメリットもあり、返事が来なかったり、既読スルーされてしまう恐れがあります。

 

相手が告白に関してどのように感じたのか、すぐに知ることは難しいということです。

 

1〜2日返信がなかったり、1週間も返信がこないこともあります。

 

このようなデメリットはありますが、本人を目の前にして告白できないのであればLINEでの告白がおすすめです。

 

参考記事:連絡来ないときは悩まず占いがおすすめ!好きな人の心理がすぐにわかる!

電話をする

電話をかけて告白すると声のトーンなどから相手の気持ちを知ることができます。

 

そして、リアルタイムで相手が反応がわかるのはメリットではないでしょうか?

 

しかし、顔が見えないので、どのような状況で聞いてくれているのか、無言になってしまうと気まずい雰囲気が流れることもあります。

 

とはいえ、電話であれば声である程度は判断できるので、LINEよりも気持ちは伝わりやすいと思います。

手紙を書く

最近ではあまり書くことがないと思いますが、手紙で伝えるということです。

 

というのも、手紙をもらうことがほとんどないからこそ、ものすごく好意が伝わるからです。

 

女性から手紙をもらって喜ばない男性はいないと思います。

 

LINEよりも気持ちが伝わるし、手書きの文字からあなたの気持ちは好きな人に届きやすくなります。

 

手書きは人の心を動かす効果があるので、直接伝えられないのであれば会ったときに手紙を渡すと良いでしょう。

好きを伝えるときに大事なこと

 

好きを伝えるときに大事なことについていくつかお伝えします。

 

というのも、「好きです」とだけ伝えてもあまり意味がないからです。

 

好きを伝えるときに大事なことをいくつかお伝えするので参考にしてみてください。

どんなところが好きか伝える

どんなところが好きか伝えることで、相手の心に響きます。

 

というのも、どこが好きかを伝えることで自分のことを考えてくれていると思えるからです。

 

「私のどこが好き?」と聞いたときに「う〜ん、全部かな」と言われたら、モヤっとしてしまいませんか?

 

それよりも

周りの人にいつも優しくてみんなに愛されているところが好きだよ

と言われたら、私のことみてくれてるんだなと思いますよね?

 

このように、どのようなところが好きなのかを伝えることで、あなたの気持ちが届きやすくなるということです。

いつ惚れたのか伝える

どのタイミングで惚れたのかを伝えると男性は喜びます。

 

というのも、自分のどんな行動で好きになってくれたのかを知ることは、自分の良いところを褒めてもらっているようなものだからです。

 

惚れたタイミングはいつでも良いんです。

 

大事なのは、どんな仕草や行動で恋に落ちたのかを伝える事なのです。

 

これは、男性を褒めることにも繋がるので、伝えて見ることをおすすめします。

気持ちはストレートに伝える

気持ちは包み隠さず、ストレートに伝えるということです。

 

というのも、中途半端に伝えると相手に気持ちが伝わらないからです。

 

例えば、

  • 好きだから付き合ってほしい
  • 好きだから今度食事に行きたい

など、好きですと伝えるだけでなく、どうしたいのかも伝えることが大切だと思います。

 

「〇〇くんのこと好きだよ」と伝えても「ありがとう」と言われて終わってしまったら意味がないですよね。

 

ですので、気持ちは全て吐き出すつもりで、どうして欲しいのかまでハッキリと伝えてみましょう。

 

関連記事:好きな人の気持ちが分からず行動できないときに試して欲しいこと!

まとめ

 

好きな気持ちを伝えるときに大切なことについてまとめましたが、いかがでしたか?

 

好きな人に気持ちを伝えることは緊張しますが、伝えることで新しい関係性に発展しやすくなります。

 

ですので、好きだと思ったら受け身にならずに自分の気持ちを伝えることをおすすめします。

 

自分の気持ちに正直な人には、必ず良いことが舞い込んできますよ。

 

恋愛のこと一人で悩んでいるのであれば、ぜひこちらからお話聞かせてくださいね。

 

 

《クリックお願いします!》


人気ブログランキング