好きな人をデートに誘う時に「断られたらどうしよう・・・」ということを一番に考えますよね。

 

ドキドキしながら誘ったのに「ごめん、忙しい」と言われたら、仕方がないことかもしれませんが、ものすごくショックですよね。

 

では、どうしたら断られずに誘うことができるのでしょうか?

 

誘う時に大切なのが、会いたくて我慢できない!と勢いで誘わないことです。というのも、何も考えずに勢いだけで誘ってしまうと断られる可能性が高くなってしまうからです。

 

そこで、断られない誘い方について詳しくお伝えするので、最後まで読んでみてください。

 

デートの誘い方や恋愛に関するアドバイスを欲しい方は、こちらからお申込みくださいね♡

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

断られないためにやっておくこと

 

デートに誘った時に断られないためにやっておくといいことをお伝えします。

 

以前に準備をしておくことで断られにくくなるだけでなく、次のデートにもつながりやすくなります。

 

そこで、断られないための方法をお伝えするので、参考にしてくださいね。

好きな人の趣味をチェックしておく

好きな人の趣味や興味があることをチェックしておくことが大切だということです。

 

というのも、好きな人の趣味など何も知らずに誘っても断られやすくなってしまうからです。

 

どのようなことに興味があって休日はどんなことをしているのか、このような情報を知っているだけでデートで断られにくくなります。

 

誘う時に彼の趣味に合わせることができますからね。

 

たとえば、新しくオープンしたお寿司屋さんに行こうとお誘いしたとしますよね。しかし、彼が魚嫌いだったら簡単に誘いを断られてしまうでしょう。

 

そうならないためにも、好きな人について色々知っておいた方がいいということです。

好きな人の状況を理解しておく

好きな人が今どのような状況なのかを知っておくということです。

 

というのも、彼の状況を知らずにデートに誘うと断られる可能性が高くなるからです。

 

仕事がものすごく忙しかったり、家族の看病に忙しかったり。プライベートで自由な時間をもてないときにデートに誘ってもうまくいかない可能性の方が高いです。

 

断られないようにするには、誘うタイミングがとても重要だということです。

 

今デートに誘ってもいいのかどうかを見極めるのはすごく大切かなと思います。

 

参考記事:仕事が忙しい男性の恋愛心理とは?多忙の男性を振り向かせる方法とは

断られにくい誘い方とは?

 

断られにくい誘い方についてこれからお伝えしていきます。

 

相手が「デートしよう」と言いたくなるような誘い方をすることが大切なので、最後まで読んでみてください。

目的を明確にする

断られないためには、目的を明確にする必要があります。

 

というのも、適当な理由で誘っても断られる可能性が高くなってしまうからです。

 

たとえば、単純にお伝えするとこのような感じです。

  • 【NG】今度会えないかな?
  • 【OK】スパイダーマンの最新作を観に行きませんか?

「お茶しない?」と誘うのも悪くはないですが、これだと会って何するの?と思われてしまい断られる可能性が高くなります。

 

しかし、映画を観に行こうと誘うと「いいね、行きましょう」とOKをもらいやすくなります。

 

そして、先ほどもお伝えしたように、好きな人がどんな映画に興味を持っているのか、好きなことは何か?を知っておくことで誘いやすくなります。

 

映画好きということだけ知っていても断られることがあるので、洋画?邦画?アクション?SF?ホラー?と詳細に知っておく必要があります。

 

出来るだけ好きな人の情報を集めて、目的を明確にデートに誘うようにすると断られずに成功するでしょう。

曖昧な誘い方を避ける

デートに誘うときに曖昧な表現は避けるということです。

 

というのも、曖昧な誘い方をしてしまうと予定が決まらずにデートできないことになってしまうからです。

曖昧な誘い方とは、どのような誘い方をいうのでしょうか?

  • 今度行こう【今度っていつ?
  • 空いてたら会いましょう【空いてる日わからない
  • 暇なときに連絡ください【暇になったら連絡します
  • 会えたらあいましょう【はーい、会えたら
  • 美味しいもの食べにいきたいですね【美味しいものって何ですか?

このように中途半端な誘い方をするとせっかく相手が乗り気だったとしても実現せずに終わってしまうことがあります。

 

曖昧な誘い方だと本気で誘ってないのかもと男性に思われてしまうことがあります。

 

「会えたら会いたいな」というのは少し相手の都合を配慮した誘い方だとも言えますが、それだと「会えたらね」という感じで終わってしまうのです。

 

ですので、曖昧な誘い方ではなく、デートしたいという気持ちをハッキリと伝えましょう。

 

参考記事:初デートで会話に困ったときの鉄板ネタとは?話題のポイントは3つだけ

無理にお願いしない

相手が乗り気かそうでないかを判断して、無理にお誘いしないということです。

 

というのも、強引に誘ったとしても相手の気持ちが乗り気でないと意味がないからです。

たとえば、相談したいことがあるとデートに誘ったとします。

あなた:ちょっと仕事のことで相談に乗って欲しいんだけど時間ある?
男性:どんなこと?少しなら電話できるよ
あなた:電話じゃなくてできれば会って話したいなと思ってて
男性:いいけど、いつがいい?1時間程度で良ければ今日でもいいよ
あなた:忙しそうだね。そっか、、1時間か・・・
男性:1時間だけだと微妙かな?
あなた:う~ん・・・
男性:じゃあまた今度にする?
あなた:今度はいつ空いてる?
男性:再来週の土曜日なら空いてるよ
あなた:そっか、そしたら今日でもいいかな?
男性:了解

このように、わがままを押し付けて無理なお願いをしてしまっていることがあります。

 

自分ではわがままを言っているつもりがなくてもワガママだなと捉えられてしまうことがあるので、無理にお願いしたり、意見をコロコロ変えるのは避けた方がいいでしょう。

 

自分の予定と合わないと感じたら潔くスケジュールを変更することをおすすめします。

まとめ

 

断られない誘い方について解説しましたが、いかがでしたか?

 

自分勝手にならずに相手の都合や気持ちを第一優先にデートに誘うことで断られにくくなります。

 

誘う時も目的をもってスケジュールを明確にすることで、予定だけで終わらずに実現しやすくなります。

 

そのためにもまずは、彼のことについて色々調べておくことをおすすめします。