sad

社内恋愛していた彼と別れて復縁したいと思っています。冷却期間をどのように過ごすといいかアドバイスをもらえると嬉しいです。

冷却期間の過ごし方についてお答えします。

 

社内恋愛では顔を合わせることが多いので、復縁するためには上手に冷却期間を使う必要があります。

 

というのも、冷却期間に急に冷たくしたり、避けたりしてしまうと、復縁へ遠のいてしまうからです。

 

そこで、どのように過ごすのが良いのか、復縁しやすくなる方法についてお伝えします。

 

\\今月中に復縁出来る可能性もある!//

\\今すぐ無料登録して復縁のチャンスをつかんでください//

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

社内恋愛で別れたあとの冷却期間とは

 

社内恋愛で別れたあと、復縁したいと思うのであれば冷却期間は必要です。

 

なぜなら、冷却期間を持つことでお互いに感じているネガティブな感情が薄まり、冷静に判断できるようになるからです。

 

別れたときというのは感情的になってますし、嫌なところばかりが浮かんできてしまいます。

  • 束縛しないで欲しい
  • 職場の女性と飲んだだけで怒らないで欲しい
  • 仕事中に個人的な連絡をしないで欲しい

このように不満が溜まるから、「別れよう」という話しになるんです。

 

仕事でも顔を合わせる社内恋愛だからこそ、冷却期間を持ち冷静になることが大切です。

自分勝手に冷却期間をもたない

とはいえ、冷却期間に勝手に入るのは良くありません。

 

なぜなら、職場で急に素っ気なくなったり、避けられるような態度をとられたら、良い気持ちがしないからです。

 

好き嫌い関係なく、仕事をする上で避けられるような態度をとられるのは非常にやり難いのです。

 

なので、冷却期間を取るのであれば、

  • 今まで通りに話すのはお互いのためにも良くないのかなと思うから少し距離を置くね。

このように伝えておくことが大切です。

 

そうすれば、相手もあなたがとる行動を理解できますし、さらに溝が深まらずにすみます。

冷却期間をもたずに復縁した方がいい場合もある

復縁するのに別れた原因が浮気などの重いトラブルでない場合、冷却期間は必要ありません。

 

というのも、軽い喧嘩が原因で勢いのあまり「もう別れる!」と言ってしまった場合、冷却期間よりも早く謝ることの方が大切だからです。

 

これといった大きな原因がなく別れることになり、お互いに復縁したいという気持ちがあるのに冷却期間を持ってしまうと、かえって逆効果になります。

 

なので、別れた原因が些細な喧嘩であれば、冷却期間を持つよりもすぐに謝った方が良いということです。

冷却期間中に社内でどう振る舞うのが良いか?

 

冷却期間中に社内でどのように過ごすかは大切になります。

 

というのも、冷却期間の過ごし方で復縁できるかどうかが決まるからです。

 

彼の嫌がるような行動をとってしまうと復縁からは遠ざかってしまいますが、彼に好印象を与えることができれば復縁に近づきます。

 

つまり、この冷却期間の過ごし方で全ては決まると言えます。

同僚に相談しない

同僚に別れたことを伝えたり、復縁したいけどどうしたらいいかな?のような恋愛の悩みを打ち明けないということです。

 

というのも、復縁したいのであれば、別れたことを誰かに話す必要はないからです。

 

男性は職場で恋愛の噂をされるのを好まないので、付き合った、別れた、復縁した、という話しをして欲しくないのです。

 

そして同僚に話すことで同僚が元カレと接するときにも影響が出てしまうことがあるので、職場でごたごたしないためにも同僚に相談するのは控えましょう。

いつも通りに過ごす

別れた後も職場では今まで通りに過ごした方がいいでしょう。

 

たまに別れた途端に避けたり、無視したり、明らかに態度を変える人もいますが、職場にプライベートを持ち込むのは良くありません。

 

というのも、オンオフの切り替えができない人とは、復縁をしたいとは思えないからです。

 

プライベートで喧嘩をすると職場でもその雰囲気が漂っていたら周りも嫌ですし、男性も不快に感じてしまいます。

 

ですので、プライベートで何があってもいつも通りに過ごすことをおすすめします。

彼を意識せずに仕事に励む

職場恋愛の場合、別れた後も顔を合わせたり、話す機会があったりと辛いことがありますが、仕事に専念しましょう。

 

というのも、別れたのに元カレのことを気にして仕事に身が入っていなかったら冷却期間を設けている意味がないからです。

 

冷却期間はお互いの気持ちを整理する大切な時期でもありますが、今までとは違う自分をアピールする大切な期間でもあります。

 

ですので、冷却期間を良いものにするためにも彼に集中するのではなく、仕事に集中するようにしましょう。

 

「俺にもう興味がないのかな?」と思わせることも復縁する良いきっかけとなります。

 

復縁するためのきっかけやタイミングについては、社内恋愛で復縁する方法とは?復縁するためのきっかけやタイミングに詳しくまとめています。

社内恋愛の冷却期間に彼から復縁の脈ありサイン

 

社内恋愛での冷却期間の元カレからの脈ありサインについてお伝えします。

 

脈ありサインだなというのが分かったら冷却期間だからと距離をおくのではなく、避けたりせず付き合っていた頃のように仲良くするのがいいでしょう。

職場で彼の存在を感じる

別れたあとも彼のことを身近に感じるのであれば、それは元カレからの脈ありサインです。

 

というのも、別れたあとの冷却期間であればお互いに距離を取るのが普通ですが、身近に感じるということは彼があなたとコミュニケーションをとりたいと感じているからです。

 

たとえば、以下のようなことが挙げられます。

  • 飲み会で隣の席になる
  • エレベーターが一緒になる
  • 出社や帰宅タイミングが重なることが多い
  • ふとしたときに彼が近くにいることがある

つまり、元カレはあなたと出来るだけ接点を持ちたい、会話をしたいと考えているからなのです。

 

会話をしたいということは復縁したいという気持ちの表われなので、つまり脈ありサインだということです。

仕事終わりに連絡が来る

仕事終わりに連絡が来るのであれば、プライベートでもあなたと繋がっていたいと思っている証拠です。

 

なぜなら、冷却期間であれば職場で顔を合わせるだけで十分なはずなのに、仕事終わりも関りが欲しいというのは脈ありだからです。

 

仕事終わりに連絡が来て、やり取りが続くようであれば、彼からの復縁サインです。

 

あなたとやり取りを続けることで、相手がどのような気持ちでいてくれているのかを確かめているのでしょう。

 

職場以外でも連絡を取り合うのは、元カレからの脈ありサインです。

彼の視線を感じる

彼の視線を感じるのは、それだけ彼があなたのことを意識しているからです。

 

好きな人や気になる人のことをついつい目で追ってしまいますよね。冷却期間は出来るだけ関りを持たないようにしますが、視線を送ってしまうのは関わりたいと思っているからです。

 

  • チャンスがあれば話しかけたい
  • 付き合っていた時のように話をしたい
  • 仕事の相談に乗って欲しい
  • 復縁したいな・・・

このような気持ちでいるということです。

 

無意識のうちに視線を送っているのであれば、それは彼が本心で望んでいることだと言えることなので、話すチャンスがあれば話してみるといいでしょう。

 

相手が脈ありサインを出しているのに冷却期間だからと適当な態度をとってしまうと、返って逆効果になってしまいます。

 

職場恋愛で復縁したいけど脈なしかもと思う方は、職場恋愛で復縁をしたいときに脈なしから元カレを振り向かせる方法とは?を参考にしてください。

まとめ

 

社内恋愛で復縁するときの冷却期間についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

冷却期間があることでお互いに冷静になれるので、復縁しやすくなります。

 

とはいえ、復縁するのに慎重になり過ぎたり、反対に焦り過ぎると機会を逃してしまうので、タイミングも大事になります。

 

冷却期間中に男性からの復縁サインがあれば、期間を空け過ぎずに早めに復縁することをおすすめします。

 

復縁したいけどタイミングが分からないからは、電話占いヴェルニへ相談するのも良いでしょう。

 

相談することで復縁するタイミングをアドバイスしてもらえるので、復縁率が高まります。