職場の年上男性には敬語で話しをすると思いますが、それだとなかなか好きな男性との距離を縮めることができませんよね。

 

だけど、敬語とタメ口を交ぜながら会話をすると好きな男性との距離を縮めることができます。

 

年上の気になる男性と距離を縮めるためにどのような話し方をするといいかお伝えします。

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

職場の年上男性と敬語交じりのタメ口で話す方法

 

職場にいる先輩や上司など、自分よりも年上の男性と話をするときは敬語になりますよね。

 

モテる女性と言うのは、職場で上手に敬語とタメ口を使いわけて会話をしています。

 

そこで、職場の気になる男性と距離を縮めるためにはどのように敬語とタメ口を使い分ければいいのでしょうか。

仕事以外の話しをするときはタメ口を交ぜる

職場の年上男性と仕事以外の話しをすることがあれば、そのときは敬語ではなくタメ口で話すと良いということです。

 

仕事中もタメ口で話してしまうとマナーが悪いや生意気だと思われてしまうことがあるので、飲み会やランチタイムなど仕事とは関係ない場所でタメ口を使ってみることです。

 

「これ知ってる?」と仕事とは関係ないことを聞かれたときに「あ、知ってる~♬」という感じで返してみるのです。

 

それだけで少し距離が縮まりますし、オンとオフをきっちり分けることができますよ。

 

タメ口はふたりで会話をしているときに使うと周りにも変に思われることがないのでおすすめです。

LINEでのやり取りでタメ口を使う

 

仕事終わりにLINEのやり取りをすることがあるかもしれませんが、そのときにタメ口やスタンプを使うのです。

 

LINEであれば絵文字でごまかすこともできるので、話すときよりも気を遣わなくていいのではないでしょうか。

 

普段は「はい」「~です。」と返事をしているのであれば、LINEでは「うん^^」「そうかな?」とフランクな感じでLINEを送ってみるということです。

 

タメ口のやり取りであれば、相手もいつもと違う感じにドキッとするはずです。

 

LINEではタメ口なのに職場では敬語だと男性はドキドキするということです。

褒められた時の返事をタメ口にする

職場で男性から褒められた時の返事をタメ口にするという方法です。

 

仕事をお願いされたときに「うん、いいよ」と返事をすると、「え?調子乗ってる!?」と相手に思われてしまいますよね。

 

そうではなく、職場の男性から「今日の髪型良いね^^」「今日も良い笑顔だね」などと褒められた時に「ホントですか~!嬉しい!」といった感じでタメ口を使うということです。

 

自分自身のことを褒めてもらえたときにタメ口で返信をするのは不自然なことではありませんし、むしろ相手も好意があって伝えている可能性が高いので距離が縮まったと思ってもらえるはずです。

 

相手に嫌な印象を与えずに上手にタメ口を使うことで、気になる人との距離を縮めることができますよ。

 

関連記事:職場でわざわざ話しかけてくる男性は好きのサイン?脈あり行動や態度とは

職場の年上男性を振り向かせる方法

 

見惚れてしまうほどかっこいい年上男性に興味をもってもらうには、どうしたらいいのでしょうか。

 

MegMeg

気になる年上男性が居てもアプローチの方法がわかりません。年上の男性と話すのは少しハードルが高いように感じます。

 

確かに年上男性に話しかけるのは、同期に話しかけるよりも緊張してしまいますよね。

 

そこで、普段話す機会があまりない年上男性と距離を縮める方法についてお伝えします。

彼を頼ってみる

男性は女性に頼られるとすごく嬉しいものです。特に年下の女性に頼られると自分が強い男になったように感じるので、なおさら嬉しいのです。

 

こんなこと聞いても大丈夫かな、嫌われないかな、と思わずにわからないことがあれば、年上男性の彼に頼ってみましょう。

 

というのも、年上の男性は、頼られたい、認められたい、という気持ちを強く持っているから。あなたに頼られることで彼自身の自己肯定感も高まります。

 

あとは、彼を褒めてあげるのもいいですね。褒められることで彼もあなたに認められたという気持ちになります。精神的に辛い時でも、あなたが見てくれているとわかるとあなたの存在を意識してこれからも仕事を頑張ることができるのです。

 

辛い時こそ傍にいてくれる女性に年上男性も惚れるのです。人の良いところを褒めるのは良いことです。たくさん彼にGIVEしてあげてくださいね!

 

彼を頼ることや褒めることであなたが彼に好意をもっているということを何気なく伝えることができます。あなたの気持ちをアピールすることから恋はスタートしていくので、さりげなくアピールするにはベストな方法です。

 

彼に頼ることで自分がいないといけないと彼に感じさせることができるので、彼の気持ちを動かすことができます。

 

関連記事:会社の先輩が好きすぎるからどうにかしたい!辛さの原因とアプローチ法

喜怒哀楽を表現する

 

年齢を重ねるごとに激しく喜んだり、泣いたり、・・・ということが減ってきます。何事にもどっしりと構えるようになりますよね。

 

そのような女性の方が人間としてできている、大人な女性に見える、という良い見方をすることができますが、男性から見ると可愛げが無いという見方をすることもできるということ。

 

なので、年上男性が気になるのであれば、思いっきり喜怒哀楽を表現して可愛さをアピールしていきましょう。

 

嬉しいときには思い切り喜び、仕事で失敗した時に思いっきり落ち込んでみる、など喜怒哀楽を大きく表現することは年下のあなただからこそできるアピール方法なのです。

 

嬉しい時にすごく喜んでくれる女性を見て年上男性は、かわいいな、と思うのです。ツンツンしている女性よりも喜怒哀楽のある女性の方が一緒にいて楽しいと思ってもらえます。

 

ですが、職場で嫌なことがあったからといって、思いっきり怒りを表すのはやめましょうね。周りの方にも迷惑が掛かりますし、仕事にも支障が出てしまいます。社会人としてのマナーはきちんと守りましょう。

 

年上男性からされて嬉しいことがあったときは、とびっきりの笑顔を見せるといいですね!

ボディタッチをしてみる

常に敬語を使って話していると気になる男性と距離を縮めるのが難しくなってしまいます。

 

しかし、職場の飲み会でちょっとした会話をしているときにタメ口を使ってみたり、ボディタッチをしてみるということです。

 

タメ口でボディタッチをされると年上の男性も相手のことを女性として意識し始めるのです。

 

あまりに積極的にやり過ぎると、馴れ馴れしいと思われてしまうので1回してみる程度で十分です。

 

というのも、職場では敬語でしか話をせずに一定の距離を保っている女性から1度ボディタッチをされればギャップを感じるからです。

 

タメ口やボディタッチをした後は、普段通りに戻ってみるとさらに効果的ですよ。

 

職場の気になる人と距離を縮めるには絶好のチャンスです。

 

必読記事:1ヶ月以内に今の恋をなんとかしたい!そんな方に必見の内容です。

まとめ


 

職場の年上男性が気になる時にタメ口や敬語で話すことは、相手の男性と距離を縮めるための良い方法になります。

 

  • 困ったときは彼に頼り、彼の良いところは積極的に褒める
  • 感情を思いっきり表現することは、可愛いと思ってもらえる
  • タメ口交じりのボディタッチは、最強のテクニック

 

普段きちんと敬語で話しているからこそ、タメ口を交えて話すことが効果的なのです。彼との距離を縮めたいときにはぜひ取り入れてみてくださいね。

 

好きな人との恋が成就することを願っています!

 

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願い致します!>

 


人気ブログランキング