MegMeg

気になる人をデートに誘いたいけど、断られたらどうしよう?どんなふうに誘ったらいいのかわからない・・・。

このような疑問にお答えします。

 

気になる人をデートに誘う場合、相手の状況や関係性をしっかり見極めておく必要があります。

 

初対面の人から急に「ランチ行きませんか?」と誘われたらビックリしますし、100%断りますよね。なので、気になる人を誘う場合、お互いに顔見知りである必要があります。

 

つまり、顔見知りの方が成功率が高くなるということ。(めちゃくちゃタイプだったら成功することもありますが、稀ではないでしょうか。)

 

とはいえ、仕事で交流があるのであれば、プライベートの会話をしたことがなくても、そこはほとんど関係ありません。

 

一度も話したことがない、お互いのことをほとんど知らない、という状況では難しいということです。

 

そこで、気になる人をデートに誘う際のポイントをお伝えしていきます。

 

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

気になる人をデートに誘う際のポイント

 

気になる人をデートに誘う際のポイントについてお伝えします。

相手のタイミングを見極める

相手の状況を把握してから食事やデートに誘うということです。

 

というのも、相手が多忙のときに食事に誘うと断られる可能性が高くなるからです。

 

例えば、仕事で土日も休みなく働いているとしまうよね。

そういう状況で彼を食事に誘っても返事が来ないか「行く時間がない」と断られてしまうということです。

 

そして、一度断られると改めて誘うのが難しくなってしまいます。

 

断られたときに「時間ができたら連絡してね」と伝えておいたとしても本当に連絡が来るかわからないですし、その連絡を待っている時間ってすごく辛くないですか?

 

なので、相手の状況をみて時間的な余裕がありそうなときに誘ってみるようにしましょう。

目的を持って誘う

デートに誘いたい理由を明確にしておいた方がいいということです。もちろん、好きだからというのはあると思います。

 

ですが、それとは別に明確な理由があった方が相手にOKしてもらいやすいということです。

例えば、「明日空いてますか?」と誘うよりも

  • 仕事のことでちょっと相談に乗ってもらいたいことがあるので、聞いてもらえませんか?
  • 魚が好きって言ってたよね?○○にあるお店が評判良かったんだけど行ってみない?
  • もっと○○について聞きたいので、飲みにいきませんか?

というような感じで誘った方が「行きましょう!」と言ってもらいやすいということです。

 

たいていの男性は、相談したいことがあると女性に言われたら断らずに話を聞いてくれます。

 

「何となく行きたくて・・・」と言うよりも行ける確率は格段に高くなりますので、ぜひ試してみてください。

 

あるいは、「ずっと前からふたりで飲みに行きたいと思っていたので、お誘いしました!」とストレートに伝えてみるのもいいですね。

予定を考えておく

自分から誘っておいてお店を予約してもらうのは申し訳ないので、ある程度行きたいお店をチョイスしておくと良いでしょう。

 

気になる男性から「うん、良いよ。行こうか。今から行く?」と言われたときに「ここはどうですか?」と言えた方がスムーズに事が進みます。

 

相手の方が結構お店を知っていてこだわりの強い方であれば提案する必要はありませんが、何もアイデアがなく一から探すとなると大変ですよね。

 

ですので、相手から「どこか知ってる?良いお店ある?」と聞かれたときに「ここはどうですか?」と言えるお店を1~2件見つけておくと好感度もアップしますよ。

デートに誘って断られたときの対処法

 

デートや食事に誘って断られてしまうこともありますよね。

1度断られたぐらいでネガティブになったり、もう駄目だ~と思う必要はありません。

 

そこで、断られたときの対処法についてお伝えします。

別の提案をしてみる

まずは、断られたら別の提案をしてみることをおすすめします。

 

例えば、夜がダメならランチに誘ってみたり、休日のデートが難しいなら平日の夜に飲みに行く、という感じで予定を変更してみましょう。

 

このように他の案を出すことで相手に選択肢を与えることができます。

 

とはいえ、たくさん案を出して「選んで!」と言う感じではなく、「昼間も厳しいですか~?」という柔らかい雰囲気で聞いてみることをおすすめします。(もちろんLINEでも同じです)

 

ここでは押し売りではなく、あくまでも提案をしましょう。

一旦身を引く

断られたら一旦、引きさがるということです。

 

断られ方にもよりますが、「忙しくて時間ないかも」と言われたら「わかりました!お仕事頑張ってください!」と伝えてみてください。

 

完全に諦めるのではなく、日を改め誘うということです。

 

ここでダラダラ連絡を取り合い誘うよりも、潔く身を引くのも一つの方法ですね。

 

相手の反応次第でどちらが良いのかは変わってきます。

落胆してるところをみせる

「行きたかったんだけどすごく残念です」という雰囲気を出してみましょう。

 

そうすることで相手にあなたの気持ちが少なからず伝わります。

 

「せっかく誘ってくれたのにガッカリさせちゃったな」と男性が感じると、今度は男性から誘ってきてくれることがあります。

 

気丈に振る舞うよりも「残念だな…。」と伝えた方が、かわいいなと思ってもらえるし効果的ですよ。

またすぐに誘うのはダメ

 

ここで注意してもらいたいのが、断られた後にすぐにまた誘うという行動です。

 

というのも、誘った側としては2~3日待つだけで随分と経ったように感じますが、誘われた方は「また誘われた!」と感じてしまうことが多いからです。

 

せめて1週間は、間をあけるようにしましょう。

 

断られ方にもよりますが、「時間できたら伝えるね」と言われたのであれば、相手から連絡が来るまで待っていることをおすすめします。

 

待つのは辛いですが、相手の方がそのように言ってくれているので待つのが良いと思います。

 

1か月待っても連絡がない場合は、

  • 【NG】いつ行けますか? / まだ行けませんか?
  • 【OK】相変わらず忙しいですか?体調に気を付けてくださいね^^

上記の【OK】の例のようにメッセージをしてみるといいですよ。もちろん、直接話しかけるときも同じような言い方をしてくださいね。

 

人気記事:7年間彼氏ができずに焦りと不安しかなかった私が職場恋愛をきっかけに彼氏ができた方法

まとめ

 

気になる人をデートに誘う方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今回お伝えした誘うタイミングなどを気を付けていただくだけで上手くいきます。

 

というのも、女性に誘われたらよほどのことがない限り男性は断らないからです。

 

相手からの返事を待つ時間はとっても長く感じられますが、急かすようなことは止めてジッと連絡を待つようにしましょう。

 

気になる人とのデートがスムーズにいくことを願っています!

 

恋愛に関することをnoteにまとめているので、ご覧ください。