MegMeg

LINEで好きな人に告白するのはアリですか?LINEで告白するときに成功率をあげるポイントはありますか?

結論として、LINEで告白するのはありです。

 

しかし、LINEだと表情が分からないので、相手に気持ちが伝わりにくいというデメリットがあります。

 

とはいえ、LINEだとしても何も行動しないよりは絶対に良いので、告白することをおすすめします。

 

その際にどのようなことに注意すると成功率が上がるのかお伝えするので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

LINEで告白するまえに知りたいことなどあれば、こちらからお問い合わせください♡

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

LINEで告白するメリットとデメリット

 

LINEで告白するメリットとデメリットについて解説していきます。

 

直接告白するにしてもメリットとデメリットがあるように、LINEで告白する場合もメリットやデメリットが存在します。

 

LINEで告白する場合、どのようなメリットとデメリットが存在するのでしょうか?

伝えたいことを考える時間がある【メリット1】

1つ目のメリットとして、告白する内容を考えることができます。

 

というのも、目の前に相手がいるわけではないので、試行錯誤しながら納得がいく文章を送ることができるからです。

 

一度、文章を作成して、言葉のチョイスが良くないなと思えば、訂正することができます。

 

自分で考えた文章を友達に見てもらったり、送る内容を考えてもらうこともできますよね。

 

LINEで送るからこそ、伝えたいことをしっかり考えることができるというわけです。

告白するタイミングを決められる【メリット2】

告白するタイミングを決めることができるのは、大きなメリットです。

 

というのも、頻繁にやり取りをしているのであれば、自分で好きなときに告白ができるからです。

 

もちろん、忙しそうなときに告白するのはNGですが、”今日がダメなら明日告白する”といった感じで、タイミングを選べるということです。

 

なかなか会う機会がない相手だとLINEで告白することで、告白のチャンスはたくさん訪れますよね。

 

直接告白する場合は伝えるチャンスが1度しかないかもしれませんが、LINEだといくらでもあるということです。

デメリットは、既読無視される恐れがある

LINEで告白した場合の大きなデメリットは、返事をもらえない可能性があるということです。

 

というのも、LINEなので既読スルーや未読スルーすることが可能だからです。

 

返事に困ったり、告白されたことをなかったことにしたい男性は、無視してしまうかもしれません。

 

目の前の相手に告白されたら無視できませんが、LINEだとそのようなことが起きてしまいます。

 

とはいえ、信頼関係が築けているのであれば、告白してスルーされるようなことはないので、安心して告白してくださいね。

 

参考記事:職場の男性に既読無視されてるのはどうして?既読スルーは脈なしの証拠?

LINEでの告白が成功する極秘テクニックとは?

 

LINEで告白するときに、成功率を高めるマル秘テクニックについてお伝えします。

 

自分の好き勝手に告白をしても付き合えるとは限りません。

 

告白したときに男性と付き合えるかどうかは、告白までの準備期間が大切だということです。

毎日のように連絡をとっている

告白するまでに好きな男性とどの程度、連絡を取っているかはとても大切です。

 

というのも、毎日のように連絡を取っていればお互いに好意がある証拠だからです。

 

もし月に1度しか連絡を取らないような相手から告白されたらどうですか?

 

「え・・・(;’∀’)?」となってしまいませんか?

 

何かの間違いかなと思ってしまう男性も出てきてしまいます。

 

ですので、LINEで頻繁に連絡を取り合っていて、仲の良い状態をつくれているかは大切になってきます。

 

参考記事:好きな人とLINEが続く方法を大公開!やり取りが続く人の特徴とコツ!

最低でも2~3回はデートする

告白をする前に最低でも2~3回はデートをしておくことが必要です。

 

というのも、1度もデートをしたことがない相手から告白されてもビックリしてしまうからです。

 

告白してOKをもらうためには、相手の方もあなたのことを理解しておく必要があります。

 

付き合ってから知っていく部分はたくさんあると思いますが、それでもどのような女性かアピールしておくことは大切です。

 

誰だってよくわからない相手とは付き合いたいと思いませんよね。

 

自分のことを知ってもらうためにも、少なくとも2~3回はデートをしておくといいでしょう。

好意があることをアピールしておく

前もって好意があることをアピールしておくことで、告白したときにOKをもらいやすくなります。

 

というのも、自分への好意を感じたことがない相手から告白されて「付き合おう」とは思わないからです。

 

それよりも、この女性は俺のこと好きなのかも?と思っている方から告白をされた方が嬉しいし、受け入れやすいですよね。

 

前もって好意を匂わせておくことは、告白は成功する条件のひとつでもあります。

 

何回かデートする中で好きなことをさりげなく伝えておくといいでしょう。

 

さりげなく好意をアピールする方法については、こちらの記事に詳しくまとめているので読んでみてください。

好きな人の気持ちを何となく知っている

告白を成功させるためには、好きな人の気持ちを何となく知っておくことが必要です。

 

何となくというのは、確信がなくても良いということ。もちろん両思いだと確信が持てれば安心して告白することができますが、必ず気持ちを理解しておく必要はありません。

 

というのも、感覚的に両思いだと感じていれば告白したときに成功するからです。

 

周りの人たちから付き合ってるの?と言われることがあれば、両思いである可能性は高いと言えます。

 

両思いかどうかを判断するポイントについては、男性心理はしぐさや行動にあらわれる!好意がわかれば恋は成就する!を参考にしてみてください。

告白の文章をじっくり考える

LINEで告白するときは、勢いで送らないことです。

 

というのも、勢いで告白してしまうと間違えて送ったと思われてしまうことがあるからです。

 

LINEで告白するメリットを活かして、伝える内容を考えることは大切です。

 

何を言いたいのかが明確になっていないと告白してもスルーされてしまう原因にもなるので、送る文章はしっかり考えましょう。

 

長文である必要はなく、「好きだから付き合いたい」ということを伝えることが一番大切です。

LINEで告白するときの注意点

 

準備して告白したのにうまくいかなかったら悲しいですよね。

 

告白したことをなかったことにされたのは、伝え方が良くなかったからかも・・・。

 

そこで、LINEで告白するときの注意点をまとめたので、参考にしてください。

冗談ぽく伝えない

LINEで告白するときに、照れ隠しで冗談ぽく伝えないことです。

 

というのも、文章だと表情や声のトーンがわからないので、真面目なのかどうかが判断しにくいからです。

 

好きだという気持ちを表したくて絵文字やスタンプを多用すると、ふざけた感じに受け取られてしまうことがあります。

 

冗談なのかなと思われたら、返事も何もありませんよね。

 

真剣に告白していることを伝えるためには、冗談を言い合っている勢いで伝えるのはやめましょう。

長文でダラダラと書かない

長々と告白の文章を送ってしまうのはおすすめできません。

 

というのも、文章が長すぎると重たくなってしまいますし、返事をしにくいと思われてしまうからです。

 

好きな理由をたくさん並べたり、いつから好きなのか、どういう時に惚れたのか、など書く必要はありません。

 

大切なことは、付き合いたいと伝えることなので、まずはその一言を相手に伝えるようにしましょう。

返事を催促しない

告白したのに返事をもらえないと忘れられたのかなと不安になってしまいますよね。

 

返事を待つ時間はとても長く感じますし、無理なら無理と早く返事をして欲しいと思ったりします。

 

しかし、早く返事をしてと催促したところで良い返事をもらえるとは限りません。

 

というのも、返事をしないのには何かしらの理由があり、彼の気持ちがまとまっていないことを意味しているからです。

 

そのような状況で返事を催促してしまうと、断られる可能性が高まってしまいます。

 

ですので、最低でも1週間は、返事を待つようにしましょう。

 

参考記事:告白したのに無視された!返事をしない男性心理と返事をもらうための方法

LINEでも告白した方が絶対に良い

 

LINEで告白するのをおすすめしない人もいると思いますが、好きな人に告白しないよりはいいと思います。

 

というのも、どのような形であれ、好きな人に気持ちを告白しなければ、付き合うことはできないからです。

 

直接気持ちを伝えるのが苦手だということを相手に伝えれば良いだけのことですよね。

本当は直接伝えたかったんだけど、言えないからLINEで言うね。

実はね、、、

○○くんのことがずっと好きだったの。

付き合ってくれませんか?

このように告白するまえに、一言添えておけばいいということです。

 

”LINEではなく直接告白するべき”だと思っている方もいますが、直接伝えることがないのであれば、LINEでの告白で十分です。

 

参考までに、職場で告白するタイミングについて一挙公開!成功率を上げる告白とは?の記事も読んでみてください。

まとめ

 

LINEで告白するときのポイントについてまとめました。

 

好きな人に告白するのは、どのような状況であっても緊張しますよね。

 

LINEで告白をして返事を待つ時間というのは、ものすごくドキドキするのではないでしょうか?

 

とはいえ、恋愛はドキドキするものなので、その時間さえも楽しんでしまえばいいと思っています。

 

好きな人に告白しようと思う気持ちが大切なので、好きな気持ちをつたえてみてくださいね。

 

LINEで告白するまえにアドバイスが欲しい方は、こちらからお申込みいただけます。