社内恋愛の片思いで「同僚の行動にイライラする・・・」と嫉妬してしまう自分にイライラしてしまうのではないでしょうか。

 

私は好きな男性が職場の女性と楽しそうにキャーキャー話しているのをみてイライラしていた時期がありました・・。汗

 

職場という狭い空間ですから嫌でも好きな男性の行動が目に入ってしまい、それが嫉妬の原因になってしまうということです。

 

嫉妬していると仕事に集中できませんし、常にイライラした状態になってしまいます。

 

そこで、職場恋愛で嫉妬とどのように向き合っていくべきかについてお伝えします。

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

職場の片思いで嫉妬してしまう原因とは

 

片思いで嫉妬してしまうのは、他の女性と話しているのを目撃するから、というのが一番多い理由です。

 

片思いの彼が他の女性と話していたり、ランチに行くのを見かけると、どうしても気になってしまいますよね。

 

何を話しているのか、二人は付き合っているのか、気になることがたくさんあるということ。

 

そこで、職場で嫉妬心を抱く原因についてお伝えしていきます。

職場の女性と楽しそうにしている

片思いしている男性が職場で他の女性と楽しそうに話している姿をみると、誰でも嫉妬してしまうはずです。

 

あのふたりが付き合ったらどうしよう?という不安であったり、私も話したいのにあの女性だけ良いなという羨ましさから嫉妬してしまうということです。

 

このようなことが毎日続くと精神的にも良くない状況が続いてしまい、内面が顔にも現れてきてしまうのです。

 

つまり、嫉妬でイライラしている雰囲気が出てしまうということ。

 

とはいえ、好きだからこそ嫉妬してしまうわけでそれだけ好きな気持ちが大きいということでもあります。

 

特に好きな男性と仲良くしている女性が可愛い人だと自信をなくしてしまい、余計に嫉妬してしまう原因になっているのでしょう。

社内の女性と話している内容が気になってしまう

 

片思いしてる男性が社内の女性と楽しそうに話していたら、どんなことを話しているのかすごく気になりますよね。

 

「毎日楽しそうに何話してるの?」と会話の内容が気になってしまうのは仕方のないことだと言えます。

 

職場の好きな男性と誰よりもたくさん話をしたいと思うのは当然ですし、彼の良き理解者でありたいと思うものですよね。

 

業務に関する話で隠す必要がない話題であったとしても、何を話しているか気になってジロジロみてしまっていませんか?

 

片思い中の彼があなたより他の女性と頻繁に話をしていたら焦る気持ちが出てくるのはわかります。

 

とはいえ、ふたりの話題が気になってジロジロみたりすると怪しまれるので注意してくださいね。

 

関連記事:社内恋愛は無理だと言われても大丈夫!その理由や男性心理を徹底解剖!

片思いの男性への気持ちが大きくなる

社内恋愛の場合、相手との距離感が近いからこそ彼への気持ちが大きくなり、焦りや嫉妬が生まれてしまうのです。

 

職場恋愛の場合、職場以外での接点と言えば飲み会や職場のイベントになりますよね。

 

毎日会っているのに話す機会がほとんどなかったり、仕事に関する話しかできないともどかしい気持ちでいっぱいになってしまうのも良くわかります。

 

「明日こそは話しかけよう!」と思ったら彼が休みだった・・・なんてことがあると拍子抜けしてしまいますよね。

 

思うように好きな人との会話を楽しめていないのに他の女性がワイワイしているのを見て嫉妬心が大きくなるのは当然です。

 

彼への気持ちが大きくなり過ぎてそれを発散できなくなると、イライラしたり、 落ち込んだり、集中できなかったり、と仕事に支障が出てきてしまいます。

 

仕事と恋愛を割り切れないところが女性として難しいところで、公私混同してしまうのはあなただけではないので安心してくださいね。

 

必読記事:1ヶ月以内に今の恋をなんとかしたい!そんな方に必見の内容です。

職場で嫉妬しそうになったときの対処法

 

嫉妬していると自分が思っている以上にエネルギーを使っているので、本当に疲れてしまいます。

 

嫉妬という感情はネガティブなもので怒りや苛立ちからきているので、良い状態だとは言えませんよね。

 

イライラがおさまらないというときは、ぜひ深呼吸をしてみてください。イライラしているときは呼吸が浅くなっているので、深呼吸するだけで心が落ち着きを取り戻しますよ。

好きな人の方を見ない

嫉妬してしまうのは仕方のないことですが、イライラしながらも好きな人の方を見てしまっていませんか。

 

「いつまであのふたり話してるの!?」とイライラしてしまうのであれば、彼の方を見ないようにすることが大事です。

 

気になるからついつい見てしまう気持ちはわかりますが、それだと怒りが増すばかりで気持ちが落ち着きません。

 

嫉妬心がおさまらない時は席を外して、その場から立ち去るようにしてみてくださいね。

 

関連記事:社内恋愛は難しい?職場に好きすぎる男性がいるときの対処法とは?

嫉妬心を仕事に向ける

イライラした感情を仕事にぶつけるということです。

 

好きな人の行動が気になりイライラしてしまうのであれば、その気持ちを全て仕事にぶつけるのです。すごい集中力で仕事に取り組めるはずですよ。

 

そうやって仕事に集中していると、好きな男性の行動が全く気にならなくなります。

 

あとは、仕事で彼のサポートをして彼に近づくというのも一つの方法です。

自分の気持ちを受け入れる

職場恋愛をすると嫉妬してしまうのは仕方のないことなので、「嫉妬してる自分最悪!」だとは思わずに嫉妬しているんだなという感情を受け入れてみてください。

 

どんなに嫉妬しないようにしても現状が変わらなければ、嫉妬から逃れることは難しいといえます。

 

嫉妬している自分の感情をごまかそうとせずに「わたしはあの子に嫉妬しています」と宣言するぐらい自分の気持ちを受け入れてみてください。

 

ごまかしたり、隠そうとするほど、どんどん苦しくなってしまいますからね。

 

必読記事:1ヶ月以内に今の恋をなんとかしたい!そんな方に必見の内容です。

職場で嫉妬しない女性の特徴

 

職場恋愛では嫉妬してしまうから辛いということをお伝えしましたが、嫉妬をしたことがない女性もいます。

 

どのような女性が職場で嫉妬せずにいられるのか探っていきましょう!

自分に自信がある

嫉妬してしまうのは、自分に自信がないことが原因となっていることがあります。

 

というのも、他の女性と自分を比べて自分が劣っていると心のどこかで思ってしまっているからです。

 

しかし、自信がある女性は自分をしっかりと持っているので他の女性と自分を比べて落ち込むようなことはしません。

 

自分に自信があるのは、自分の気持ちに正直に生きてるということでもあります。自分が満たされているから嫉妬せずにすむということです。

 

周りと比べてしまい嫉妬してしまうのであれば、まずは自分を満たすことから始めてみるといいですよ。

 

関連記事:社内恋愛の脈ありサイン!社内にいる男性からのアプローチ法10選

周りを客観的に見ている

 

「人は人、自分は自分」と思っている女性は、周りのことがちっとも気にならないようです。

 

たとえ、好きな男性が他の女性と話しているのを見てもそれを事実としてしかとらえていないということです。

 

嫉妬してしまうのは、ふたりが話している状況をみて「お互いに好きなの?」「付き合ってるの?」と勘ぐってしまうことから始まるのです。

 

しかし、ふたりが話しているのを事実としてとらえそこに感情を付け加えないということです。

 

好きでない男性が他の女性と話していてもスルーできますよね。それに対してなにも感じませんよね。

 

嫉妬しない女性は、常に物事を客観的に捉えることができるということです。

仕事が忙しすぎる

仕事が忙しすぎて職場で嫉妬している暇がないという女性です。

 

仕事に集中していると、他のコトが気にならないというのは実際にそうなのです。彼の行動が気になってしまうのは、仕事で少し余裕があるのかもしれませんね。

 

大変な仕事をお願いされたら、きっと好きな男性のことを気にしている暇がなくなりますよ。

 

必読記事:1ヶ月以内に今の恋をなんとかしたい!そんな方に必見の内容です。

まとめ

 

社内で片思いしているときに嫉妬してしまう原因がわかりましたか。

 

職場恋愛は良い面もあれば悪い面もあり、嫉妬してしまう感情は悪いものではないですし、それだけあなたが彼の事を好きだということでもあります。

 

嫉妬してしまう時は、仕事に集中して、好きな男性のことを気にしないようにするだけで、嫉妬心から解放されるはずですよ。

 

他の人とは比べずに彼との関わりを深められることだけに集中してみるといいかもしれません。

 

嫉妬しているだけでは恋は成就しないので、職場恋愛のアプローチが難しいと感じるのは男性心理を理解してないから!を参考に好きな男性にアプローチしてくださいね。

 

あなたは今のままで十分に魅力的なので、自分に自信をもってくださいね。

 

恋が成就することを応援しています。

 

500回以上恋愛相談にのってきたsayakaへ今だけ無料相談できます。⇒ Sayakaの公式LINE

 

<ブログランキングの応援をお願い致します!>

 


人気ブログランキング