D

大好きな彼ができたけど、これ以上好きになってのめり込むのが怖い。これ以上ハマらないようにしようと思っています。

このように考えてしまうことがあるのではないでしょうか?

 

どんなに彼が大切にしてくれていても自分に自信がないと自己防衛が働いて、これ以上好きにならないようにしようと守りに入ってしまうのです。

 

お互いにどんどん好きになって仲が深まっていくことが理想なのに自ら愛されることを拒んでしまっているということです。

これってすごく悲しいことだと思いませんか?

 

そこで、どうしてこのような感情になってしまうのかについて解説していきます。

併せておすすめの書籍もご紹介しているので、最後まで読んでみてください。

 

本記事の内容を5分以内の音声にまとめています。

音声で聞きたい方は、こちらからどうぞ。

 

 
スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>

好きになるのが怖い理由

 

恋をして好きになるのが怖いと感じている女性は少なくありません。

 

かつての私もそうでしたが、これ以上好きになって振られた時が怖いと思っていたことがありました。

 

とはいえ、未来のことを恐れて自分の気持ちをセーブしてしまうのはもっと悲しいことなんじゃないかなと思います。

 

そこで、好きになるのが怖いと感じている理由について少し考えてみましょう。

別れた時の悲しみを想像してしまう

「これ以上好きになると別れた時に立ち直れない」と考えることで好きになるのが怖くなることがあります。

 

あるいは、今はすごく仲の良い友人や同僚なのに、好きになって恋人関係になると終わりが来ると思い、恋人関係になることを恐れることもあります。

 

いずれにしても、終わることを前提に考えていたら、誰だって悲しいし辛くなってしまいますよね。

 

どうして終わることを前提に考えて恋愛をしてしまうのでしょうか?その答えは、次に続きます。

自分に自信がない

別れることを前提に付き合ってしまうのは、自分に自信がないからです。

 

というのも、「わたしなんて・・・」「私が愛されるはずがない」と心の奥底で思ってしまっているからです。

 

例えば、自信がない人の口癖として

  • わたしにはできない
  • たぶん無理だと思う
  • でも・・・
  • どうせわたしなんか
  • はぁ~

こういったことを言ってしまうことが多いと思います。

 

自信がないと上記のようなネガティブな発言から不安になることも多くなり、誰かを好きになることが怖くなってしまうのです。

 

とはいえ、自分を不安にさせているのは自分自身なので、上記のような口癖を封印するだけでもポジティブに考えられるようになっていきます。

過去の恋愛のトラウマ

過去にひどい恋愛をして誰かを好きになるのが怖くなってしまったということ。

 

例えば、

  • 大好きになった人が既婚者だった
  • 婚約した翌日に婚約破棄された
  • 大好きだった人に振られて立ち直れなかった、立ち直るのに数年かかった
  • 結婚を考えていた彼氏に二股かけられていて、彼はもう一人の女性と結婚した

こういった辛い出来事があると、人を好きになるのが怖くなるということ。

 

また大好きになって裏切られたらどうしようと思うと、自分を守るために好きにならないようにしてしまうのです。

 

この過去の出来事は消すことができませんし、この傷を癒せるのは次の恋愛に進んだ時なのです。

 

関連記事:恋をしたいし彼氏も欲しい!それでも男性を好きになれない理由ってなに?

好きになるのが怖いなら・・・

 

もうこれ以上好きになりたくないと思うのであれば、そんなときにおすすめの対処法をお伝えします。

好きな人に会わない

会えば会うほど好きな気持ちは増してしまうはずです。

 

ですので、好きになりたくないのであれば、会わないようにするのが一番です。

 

とはいえ、好きな人には会いたいですし、会いたい気持ちと会いたくない気持ちのギャップにまた疲れてしまうのではないでしょうか。

 

この心がかき乱される感じが恋愛ですよね。

 

会わない期間をつくり、自分の心の変化を探ってみると良いと思います。

好きな人のことを考えないようにする

好きな人のことを考えないようにすることで、気持ちが薄れていくことがあります。

 

好きな人のことは四六時中考えていても飽きませんが、それを全てストップしてみるということです。

 

というのも、好きな人のことを考えていると相手のことが美化されて、どんどん好きになってしまうからです。

 

例えば、こんな感じで思考がグルグルと動きます。

  1. (ネガティブ)いつもドタキャンばかりするから嫌だな
  2. (ポジティブ)だけど、お互いに何でも言い合えるから一緒にいてラクなんだよね
  3. (ネガティブ)でも、全然会えないし、相手の都合に合わせてばかり
  4. (ポジティブ)とはいっても、会うとすごく優しくて私のことを考えて行動してくれるのが分かる
  5. やっぱり、好きなんだよね~

こういった感じでネガティブとポジティブな気持ちが入り混じり、「あぁ、会いたくなってきた」という気持ちになってしまうのです。

 

ですから、好きな人のことを考える時間を極力減らして、会いたいと思わないようにすることが大切です。

自分の時間に没頭する

好きな人のことを考えて会いたくなるのは、他にやることがないからです。

 

仕事が忙しかったり、習い事を週に数回していたら、好きな人のことを考える時間を持てません。

 

何か新しいことを始めるとそのことで頭がいっぱいになるので、恋愛モードになりにくくなります。

 

私自身、好きな人のことで四六時中悩んでいた時は、本当に暇でした。やることがないとついつい考えてしまうのです。

 

ですので、自分が没頭できるものを見つけて、そのことに注力してみるのはおおすすめです。

 

人気記事:7年間彼氏ができずに焦りと不安しかなかった私が職場恋愛をきっかけに彼氏ができた方法

誰かを好きになることを恐れないで欲しい

 

確かに好きになって振られるのは傷つくし、怖いです。

 

その気持ちはすごくよくわかります。

 

だけど、恋が終わってしまう時のこと(未来への不安)を考えて人を好きになることから逃げるのは、もっと悲しいことだと感じます。

 

好きな人との恋が終わったからと人生が終わってしまうわけではありませんし、すべては経験になります。

 

次の恋愛で今回のことを活かしていけばいいのです。

 

あるいは、前回の経験で辛い思いをしたのであれば、その事象を思い出して今回の恋愛で活かせばいいのです。

 

だから、誰かを好きになる気持ちをセーブしないで欲しいなと思います。

 

そして、恋愛でこれ以上好きになるのが怖いと思う方にぜひ読んでもらいたい本が『心がつながるのが怖い 愛と自己防衛』です。この本はセラピストの方が書いていて、人と深くつながることが怖いひとに向けてどのようなアドバイスをしたかが記してあります。

 

 

自己防衛し過ぎるがゆえに

  • 無理な相手ばかり好きになってしまう
  • 完璧な相手を求め続ける
  • 深い関係になることを避けてしまう

このあたりのことが書かれているので、当てはまる方は読んでみると面白いし勉強になりますよ。

 

まとめ

 

好きになるのが怖いという方に向けて、その原因や対処法についてお伝えしました。

 

ご紹介した本「心がつながるのが怖い愛と自己防衛」はおすすめですので、気になる方は読んでみてください。

 

自己防衛は自分を守るための方法だけど、恋愛することを恐れないで欲しいなと思います。

 

「わたしなんて愛されない」と思っている女性よりも「わたしは愛されて当たり前だ」と思っている女性の方が絶対に愛されて幸せになれます。

 

少し考え方を変えるだけで、未来は変わっていきます。

 

過去の辛い出来事を忘れるためにも新しい恋をしてくださいね。